こんにちは

アニメと漫画が大好きあっきーとです

さてさて、今回、登場してからずっとベールに包まれていた

美鈴さんの過去が明らかになります

「ハレ婚」

100話目の連載ということで、記念すべき回になっていますが、

その内容は、インパクト抜群で驚きを隠せないものでした


ここで言われているように、

中村美鈴さんは、中村美鈴先生はかつて

小学校の先生として働いていたようです

ポイントなのは、

働いて「いた」

っというところですね

基本的に小学校の先生や中学、高校の公立の先生というのは、

公務員なのでよっぽどのことをしない限りクビになったりしません

まあ女性の場合は出産に伴い退職される方もいますが、

今回の美鈴さんの件はそれとは別モノでした


そうです、よっぽどのことを犯してしまったのですね

厳密に言うと、正当防衛が立証され、無罪という判決にはなったようですが、

人を殺してしまったという事実は残り、周りはそれを白い目で見ます

その為、再就職も出来ず、子供の未来ちゃんにも貧しい思いをさせてしまっている

これがことの真相、美鈴さんがハレ婚祭りに参加した真の理由だったわけですね


この話を聞くと、大半の人が同情も含めて、美鈴さんを選ぶはずですが、


龍之介はそんな偽善はしませんね

あくまでも自分の意思で決定しています

流石、ぶれない男、伊達龍之介ですね

ともあれ、様々な部分が明らかになり、ハレ婚祭りにもう少しで終止符が打たれようとしています

和解したゆず、美鈴さん、小春のじゃれ合う姿を見て、


龍之介はまどかがいた、あの頃を思い出します

もう帰ってこない過去、これから迎えなければならない未来

一家の大黒柱という存在は、やはり重いですね

次回、ハレ婚祭りも終演を迎えるはず!

絶対に見逃せませんね

それでは☆