おはようございます

アニメと漫画が大好きあっきーとです

スポーツ漫画というのは、試合のシーンはどうしても心理描写が多くなってしまいます

その分、描く方も相当な苦労を要すると思うのですが、、、

「あひるの空」

この作品では、その心理描写というのが、非常に胸を打つものが多いです

今回もそんな回でした

妙院にリードされ、時間も僅か、並みの選手ならプレッシャーに押しつぶされてしまうような展開ですが、

九頭龍高校はちがいます


猛追の鍵は当然、飛び道具をもつ空になるのですが、

それを支えるゴール下があってこそ、空が活躍できるのです

この試合はもちろん、妙院に勝つために挑んでいるのですが、

次世代に繋ぐ試合でもあると、同時に感じました

コウタに、ミチロウに、小湊くんに

言葉では交わせないものを、試合を通じて千秋たちは伝えているのだな、と

その段階でかなり心を打つものがありましたが、


この千秋の敵の度肝を抜くパスを受けた空がスリーを放ちながら、


このシーンには本当に痺れましたね、普段、一人称を僕と言っている空が、

俺が受け継ぐ

なんとも頼もしい思いでした

この流れで妙院を打ち崩すのか、、、

っと思っていたら、


この相手選手の笑み

これが一体何を示しているのか、非常に気になります

楽しんでいる

という笑みなのか、

計画通り

という笑みなのかでは、展開が180°変わってきますからね

今後もこの妙院戦から目が離せません

それでは☆