こんにちは

アニメと漫画が大好きあっきーとです

早速ですが水曜日で気になるタイトルといえば、

「あひるの空」

、、、こっちではなくて、
(こっちの方は後ほど笑)


今回のあひるの空は、今井レオに特化した、

今井レオの過去を綴るエピソードでした


ようはこの天才が誕生するに至る経緯、才能にかまけた自由人のような

雰囲気を醸し出していますが、

その実、全く想像とは違うエピソードを持っていました


上のコマでも書かれているように、レオは中学生からバスケを始めました

元々、異質な存在とされ、周りから敬遠されてきたレオにも心を許せる親友がいました



しかし、その親友がレオとの遊びの帰り道に事故に遭い、

将来有望だった親友のバスケット人生は断たれてしまったのです

レオはその親友の代わりに

っというのではなく、

「何も持っていない俺でも、ゼロから初めてもこんなに上手くなれるんだぜ」

それを親友に訴えかけるように、バスケットを始め、


その辛さを共有しようとしていました

この描写こそが中学生のレオであり、親友との語らいの最中のものです


そして、突き詰めて突き詰めて、上り詰めた先に

今のような才能に溢れる、人を惹きつけるプレイヤーになったわけですね


素直にめちゃくちゃかっこいいなと、思いました

今までは当然のように空びいきでしたが、今後どう見たらいいか悩みます

また来週からは、試合の描写に戻ると思いますが、

今回の話は、ちょっとしたブレイクタイムになりました

なんせ、ここまでの妙院戦はつっぱしってきましたからね

またこういった、いち選手のエピソードの描写というのもあひるの空の見どころだと思うので、

これからもちょくちょく挟んで欲しいですね


さてさて、冒頭で誤って(意図的に?)載せてしまった、

「イタリア産ホエー豚肉の生姜焼丼」

蓋をあけるとこんな感じになっていました


完全に個人的な意見ですが、マヨネーズが最も合う肉は、

豚肉

つまり、生姜焼きとマヨネーズのコラボというだけでも、

私にとっては、特別な品になるわけですね

ホエー豚という名前にも、イタリア産というちょっぴりオシャレな名前に惹かれて

購入したこのお弁当は税込みで550円

見るからに濃厚なタレをしていますが、食べてみると紅生姜が入っているため、

その紅生姜がアクセントとなり、まったくくどさを感じさせません

むしろ、

「もっとお米を食べたい」

という気持ちにさせられてしまいます

ダイエットには不向きかもしれませんね笑

当然、ごはんの上部にも生姜焼きのタレが染み込んでいるのですが、

全てがそれに浸かっていないというのも良い塩梅でした

生姜焼き丼というのは、いたってシンプルなメニューですが、

この生姜焼きに使われているホエー豚のおかげで、普段とは違う生姜焼きにしっかり仕上がっていました

また、ドリンクコーナーに入った時に、昔好きだった


グングングルトが期間限定で、増量されているのをみて、

生姜焼きとの相性を考えず即購入してしまいました笑

味の方も相変わらず美味しかったので、また目にしたらきっと購入してしまうと思います

さて、今回のお弁当の点数を付けたいと思います、、、

76点

本来はもっと高い点数がつきそうなものなのですが、

今日の気分的にカツにするか一瞬悩んでしまい、

もしかしたら、カツを食べてた方が良かったかもっと思ってしまったのです

もう少しフラットにつけていたら恐らく5点くらいは上がっていたかもしれません汗

ともあれ、最高の漫画を読んで、美味しいお弁当も食べたので、

今日の残りの時間も有意義に過ごせそうです

また明日も美味しいものが食べたい、面白いものが読みたい

です

それでは☆