こんばんは

今日は待ちに待った15日です

はい、サンデーやらマガジンやらの新刊を買い漁って参りました

その中でも特筆すべきは、やはり

「マギ 30巻」

でしょう

詳しい内容は是非本誌を見て頂きたいですが、

軽くご紹介させて頂きます
※ネタバレあり





復活を遂げたアリババは、
煌帝国の衰退に愕然とします

というより、紅玉の精神が病んでいることに対して、すごく気にかけます

しかし、そんなことでめげないアリババ

紅玉を助けようと、煌帝国を救おうと様々な考えを巡らせます

それをきっかけに、アリババの精神が別世界を彷徨っている間に、会っていなかった人たちに会いにいくことになります

練紅覇から始まり、

練紅明

そして、練紅炎

練家の者達に会い、そこでまた新たな発想が生まれ

また旅立ちことに

そこから、母国のバルバッドに戻り、マグノシュタットへ行き、

ヤムライハと再会します

それをきっかけに、「元」シンドリア王国で従事していた人物達に会いに行くことになります

国王になったシャルルカン、

ファナリス兵団に入ったマスルール

そして、ファナリス兵団と言えば、レーム帝国、

そして、レーム帝国と言えばマギの一人である、

みんなに愛されているティトスが歓迎してくれます

さてさて、30巻という節目の巻数を迎えたマギですが、

面白さは衰えることを知りません


作者の大高忍さんも感慨深いものを感じていると思いますが、

これからも最高の作品を私たちに提供してくれることを願っています

続きが気になる、気になる〜

それでは☆